So-net無料ブログ作成
検索選択

The Vanished Diamond [語彙てきと~備忘録]

The Vanished Diamond by Jules Verne

ヒロインが読んでいる小説のタイトル
ジュール・ベルヌの小説というのは判ります。
で、邦題は何?

調べた限りでは翻訳されていないようです。

--- ネット書店のあらすじを引用 ---
Victor Cyprien, a French engineer currently living in the "Diamond Fields" of Griqualand, South Africa desires to marry the beautiful daughter of Mr. Watkins, a man who holds claims to the land that are the "Diamond Fields." Watkins has other plans for his daughter which include her staying in South Africa and marrying one of the wealthier diamond miners. To put himself in a better position to win the hand of Alice, Victor buys a share and begins working his own claim. However, Alice convinces him to return to chemistry and pursue his theory that he can synthesize a diamond. The experiment appears to work as a 243 carat diamond is created and named "The Star of the South," which he gives to Alice. When the diamond is stolen, Cyprien and three other potential suitors for the hand of Alice, travel across South Africa in pursuit of the suspected culprit.

南アフリカのダイヤモンド鉱山が舞台のお話のようです。

英語版も絶版なのかな?

The Vanished Diamond

The Vanished Diamond




原書の電子書籍は200円でお釣りがくるけれど読めない(^^ゞ

L’Étoile du sud. (Annoté) (French Edition)

L’Étoile du sud. (Annoté) (French Edition)

  • 出版社/メーカー:
  • 発売日: 2013/09/27
  • メディア: Kindle版



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

Jack Tar [語彙てきと~備忘録]

19世紀、男装したヒロインが発したのが

"I look like Jack Tar!"

なんでしょ? 
画像検索で 一発でわかりました。

水夫または水兵

18世紀から使われている言い回しのようです。

Tar は、tarpaulin(タール塗り防水(帆)布)の短縮形で
口語で、水夫を意味します。

これに Jackという 日本でいうところの太郎のような名前を
付けて呼ぶようになったのかな?
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

stomach [語彙てきと~備忘録]

名詞なら 中学校で習うくらいの単語ですね~
でも、動詞もあるなんて今まで知らなかったです (^^ゞ

If you really can't stomach a proposal from him,
I'll stand by you with our parents.

この場合、動詞で「我慢する」という意味

他に、食べるとか、腹に収める という意味の場合もありますが
proposalは食べられませんものね。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

Miss Grimsley's Oxford Career [Historical]

出版社のサイトの紹介文より -----
18歳のエレンは兄ゴードンのようにオックスフォードで勉強する夢があった。 しかし19世紀のイギリスでは、まだ女性が大学に入学することはできない。 なんとか叔母の助力で、エレンはオックスフォード大学近くにある女学校に入ることになった。 街に着いた日、エレンは苦学生らしい親切な青年ジムに出会い、この後の生活に期待を抱く。 だが、女学校は単なる花嫁学校でしかなく、失望した彼女は学校に馴染めずにいた。 ある日、兄の頼みで大学の授業を受けることになり、エレンは嫌々ながら男装をする…。
----- RITA賞受賞作家でリージェンシー・ロマンスの女王が贈る心温まる青春ラブロマンス。

邦題は『オックスフォードは恋の季節』
原題と比べると微妙な邦題ですが、二人が恋に落ちるのはオックスフォードだから
まあ、そんなものかな。

原書のkindle版はセールだったのか300円でお釣りが来て、しかも英語だから
読むのに時間がかかって長い時間楽しめ なかなかお得でした。
ちゃんと読めているかは神のみぞ知るですけど、楽しめたからOK (笑


Miss Grimsley's Oxford Career (English Edition)

Miss Grimsley's Oxford Career (English Edition)

  • 出版社/メーカー: Cedar Fort, Inc
  • 発売日: 2013/11/11
  • メディア: Kindle版

続きを読む


タグ:England [K]
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。