So-net無料ブログ作成
検索選択
Contemporary ブログトップ
前の10件 | -

The Valquez Bride [Contemporary]

出版社サイトより -----
テディは夫になったばかりのアレハンドロとともに、アルゼンチンへと向かう自家用ジェット機の中にいた。亡き父の理不尽な遺言状さえなければ、こうはならなかった。父はテディが屋敷を相続する条件に結婚を義務づけ、その相手にアレハンドロを指名していたのだ。アレハンドロは南米で一、二を争う辣腕実業家で非情なプレイボーイ。彼は結婚によってテディの父親にかつて奪われた土地を取り戻せる。テディは半年で別れる約束で、期限つきの結婚に同意した。イギリスの田舎育ちの娘など彼には問題外。でも望みを叶えたければ、この人と6カ月暮らすしかない。それがどんなにつらい責め苦でも……。
 -----

邦題は『大富豪と裏切りの薔薇』

紹介文に記載はありませんが、ヒロインのTeddy は父親の無理な乗馬練習によって
杖がなくては歩けなくなりました。男の子が欲しかったのに子供はTeddy のみの父親は、
女であることに失望、美しくないことに失望、満足に馬にも乗れず傷害者になったことに
失望と、自分の思うような子供でないことをあげつらってはTeddyを不当に低く評価していました。

一方、ヒーローAlejandro は、ロマンスに有りがちの女に幻滅したタイプ
孤児の里子になるなど優しいところもありいい人なのですが、Teddyの父親から
一族が受けて仕打ちが元でTeddyに良い印象を持っていません。

便宜結婚して一緒に暮らすうちに互いの良い面に気がついて惹かれあって
というお話、特に変わった展開もなく安心して読めます。

二人とも正直に自分の気持ちを伝えれば後半のごたごたは起きなかったのにね.....


The Valquez Bride (The Playboys of Argentina)

The Valquez Bride (The Playboys of Argentina)





大富豪と裏切りの薔薇 (ハーレクイン・ロマンス)

大富豪と裏切りの薔薇 (ハーレクイン・ロマンス)

  • 作者: メラニー ミルバーン
  • 出版社/メーカー: ハーレクイン
  • 発売日: 2015/05/29
  • メディア: 新書



大富豪と裏切りの薔薇 (ハーレクインコミックス)

大富豪と裏切りの薔薇 (ハーレクインコミックス)

  • 出版社/メーカー: ハーレクイン
  • 発売日: 2015/12/12
  • メディア: Kindle版



タグ:England Argentin
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

The Bridegroom's Vow [Contemporary]

出版社のサイトより ------
アレックスはブロンドの髪を茶色に染め、美貌を隠して巨大企業の経営者ディミトリオスの秘書を務めている。9年前、男性に襲われかけたところを救われて以来、ディミトリオスのことを一途に想い続けているのだ。外見を偽るのも秘書として信頼され、彼の近くにいるため。だが近くて遠い毎日がつらくなり、彼女は退職を決心した。ところが、最後の出張先のギリシアに着いたとたん、彼はまるで初めて会ったかのようにアレックスを見つめてきた。熱い視線に親密な振る舞い……いったい、何が起こっているの? ------


THE BRIDEGROOM'S VOW (WHITE WEDDINGS) (Romance, 3693)

THE BRIDEGROOM'S VOW (WHITE WEDDINGS) (Romance, 3693)




邦題は「花婿の誓い」 珍しく直訳 (笑

花婿の誓い (ハーレクイン文庫)

花婿の誓い (ハーレクイン文庫)

  • 作者: レベッカ ウインターズ
  • 出版社/メーカー: ハーレクイン
  • 発売日: 2015/06/25
  • メディア: 文庫


続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

Wicked & Willing [Contemporary]

出版社のサイトより ------------
孤児のヴィーナスのもとにある日、怪しげな男が現れて衝撃的な知らせを伝えた。彼女が大富豪の行方不明だった孫娘かもしれないというのだ。今までひとりで生きてきた。堅苦しい上流階級なんて私の性に合わないわ、と思ったがDNA鑑定すれば莫大な報酬をくれるという。祖父の住むアトランタを訪れ、出会ったのはパーフェクトな男性トロイ。恋の火花が飛び散るが、彼の正体はなんと祖父の会社の副社長。いぶかしげな瞳で彼女を見て彼は言った。「君の目的は金か?」 ------------

一言で表すと「孤児のヒロインが祖父と再会するお話」、ハーレクインらしく悪役は、悪役らしく、それ以外は良い人なので判りやすい。ヒロインの身元確認の合間に、ヒーローとのホットな恋愛が繰り広げられます。

いかにも~ といった感じですが、ヒロインが変に気取らず自分の欲求に正直なので気持ちが良い。
小難しい話もでてこないし、夏のビーチでの~んびり読むタイプのお話。


Wicked & Willing (Harlequin Temptation)

Wicked & Willing (Harlequin Temptation)



続きを読む


タグ:america
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

Truth Or Dare -- Satisfy Me -- [Contemporary]

出版社サイトより ----
エイシャ、ベッキー、エリカは、アメリカ中部の小さな街にある企業に勤める仲の良い同僚だ。3人とも、20代半ば過ぎの年頃だが、恋人はいない。穏やかといえば穏やかだが、ちょっと退屈な毎日を送っている。そんなとき、会社の向かい側に、〈あるショップ〉ができた。「こんな小さな街に、こんなお店ができるなんて…」驚きながらも、好奇心いっぱいのエイシャ、ベッキー、エリカ。3人があれこれ、そのショップの話をしているうちに、いちばん積極的なエリカが、ある恋愛ゲームを提案する。そのゲームは、ちょっとあぶない香りのするものだった。それぞれの「空想」を現実にしようとするようなゲームで、3人が出会うのは本当の愛?それとも、ただのアバンチュール…?ロマンスの名手が織りなす、どきどきするような3つのラブストーリー。 ----

邦題は「あなたのとりこ」
Kindle版のセールの時に買ったのかな?
多分、安い! この作家なら外れはないと思って未確認で購入したと思う。

Truth or Dare

Truth or Dare



続きを読む


タグ:american [F]
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

Bond of Hatred [Contemporary]

出版社サイトより ----
セアラの最愛の妹は、ギリシア人のデーモンに捨てられたあげく、赤ん坊を遺してこの世を去ってしまった。それはすべてデーモンの兄アレックス・ターザキス――気が遠くなるほどの富豪で権力を一手に握っている男が、二人の結婚を頑として許さなかったせいだ。激しい憎しみに駆られたセアラはアレックスへの復讐を心に誓う。

邦題は「憎しみの代償」

両親亡き後、大切に育ててきた妹が金持ちのロクでなしに引っ掛かって妊娠し捨てられ
その上に出産時に死亡してしまったヒロイン
若くして結婚した弟が、財産狙いの若い美女とその姉に嵌められたヒーロー

というのが双方が認識している見解ですが、それぞれの弟妹が、それぞれについた嘘のために
真相とは異なる認識となってしまっています。


Bond of Hatred (The Lynne Graham Collection)

Bond of Hatred (The Lynne Graham Collection)



ネタバレありますよ~


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

A Stormy Greek Marriage (The Drakos Baby - Book 2) [Contemporary]

出版社のサイトより ----
アレクセイの子を産んだ事実を隠したまま、ビリーは彼と結婚した。結婚初夜、妻が無垢な花嫁でなかったと知るや、アレクセイは厳しく責めた。「君は僕をだました!」もはや真実を告げるしかない――ビリーはすべてを打ち明けた。私の純潔を奪ったのはあなたで、その結果、息子のニッキーが生まれたのだ、と。記憶喪失のために彼女との一夜を覚えていないアレクセイは、激怒して妻をなじり、朝を待たずに部屋を出ていってしまう。わずか半日で二人の結婚は破綻し、ビリーは傷心まま家を出た。だが数日後、アレクセイの依頼を受けた医師が彼女を訪ねてくる。


A Stormy Greek Marriage

A Stormy Greek Marriage



The Pregnancy Shockの続きで後編にあたります。

これまで、ヒーローの気持ちを推し量って迷惑をかけないようにと
考えて行動してたヒロインが、必要な主張はきちんとする様になり
少し読んでいて気持ちが晴れます。

ヒーローは相変わらず自分の気持ち中心で、ヒロインへの
思いやりが少々いえ、だいぶ足りないところはイマイチ。

続きを読む


タグ:England Greece [G]
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

The Pregnancy Shock (The Drakos Baby - Book 1) [Contemporary]

出版社のサイトより ---
ビリーは八歳のとき、地中海に浮かぶ島に母と移り住んだ。よそ者であるうえに、母の奔放な行状のせいでつまはじきにされていた彼女を、一人の少年が救ってくれた。それがアレクセイ・ドラコス――ビリーの現在のボスだ。今や彼の個人秘書として、恋の後始末までも引き受けている。彼に焦がれながらも相手にされないつらさに耐えていたビリーは、あるとき母の愛人から乱暴されそうになり、思わずアレクセイの所有する大型ヨットに逃げこんだ。翌日、突然熱いキスで誘惑してきた彼にビリーは言った。「あなたが征服した女性の一人になるのは、いや!」


The Pregnancy Shock

The Pregnancy Shock




ハーレクインには珍しい2冊で1つのお話の全編です。
単に長編を分けて出版しただけなのかな?
本作は、二人が結婚するところで終わり、続きは
A Stormy Greek Marriageです。

以前どこかで、ハーレクインは物語の長さを問わず
ページ数が決まっていると聞いたことが有ります。
このため、分冊にしたのかなぁ?
ページ数を合わせるには、活字の大きさで調整ししているそうな。

日本では、活字のサイズで調整ということはせずに
長いものは適当に翻訳時に抜いて長さを調整しているらしい
確かに、Never Trust a Rakeは、所々訳されていないから
そうなんでしょう。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

A Convenient Affair [Contemporary]

ハーレクインライブラリの紹介文より
恋人たちの箱”と呼ばれる美しい宝石箱を、叔母から相続した弁護士のハナ。彼女の元に傲慢な億万長者クーパーが現れ、その箱を買い取ると申し出た。お金で片をつけようとする彼の尊大な態度に反発しながらも、ハナは箱の秘密とクーパーの魅力に心惹かれてしまう。小箱の謎が解かれるとき、二人の関係も近づいて…!?

邦題は「秘密の小箱」コミックスを読んでヒロインが弁護士で賢くて落ちついたタイプなのが
気に入ったのですが、ちょっと判らないところがあり原作を読んでみました。

元のストーリーを上手くコミックス1冊に納めと佐々木みずずさんの力はすごいと思います。
判りにくい点については、まあコミックスで端折ってしまったのは仕方ないかな という
気がします。無くてもお話全体への影響はないし、想像できる範囲の内容ですから。

原作で、ヒロインの上司は叔母が生きているうちからヒロインとお付き合いをしていて
叔母さんとも面識がある設定と判りました。で、実はヒロインがお金持ちの叔母の相続人と
目星をつけたからお付き合いしたので、相続財産が0であてが外れたから別れる&
用済みだし契約期間が過ぎたら首切りするぞ~ という流れです。

終盤のヒロインあての叔母からの手紙の内容も、この部分があると すっきり腑に落ちます。
ヒーローがヒロインのことを好きになっていく様子もよくわかるし、二人の会話も
楽しくて面白かったです。




続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

Magic in Vienna [Contemporary]

出版社のサイトより

コーデリアは父亡きあと、継母にずっと粗末に扱われてきた。だから、住み込みの家庭教師の職を得たときはとてもうれしかった。しかも教え子の少女がウィーンの伯父の家にしばらく滞在する間、彼女も同行することになったのだ!30代半ばという少女の伯父チャールズは、ハンサムでとても背が高く、優秀な麻酔医だそうだが、コーデリアにはとてもそっけない。いくら彼に惹かれても、分不相応なのは明らかだから、芽生えた恋心はそっと心にしまっておくしかなかった。でも人々は言う。ウィーンの町には不思議な魔法がある、と。コーデリアは願った。彼の心に魔法をかけられればいいのに……。


Magic in Vienna (Best of Betty Neels)

Magic in Vienna (Best of Betty Neels)



続きを読む


タグ:England austria [N]
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

Mia’s Scandal [Contemporary]

トスカーナの田舎で伯母と暮らしていた二十歳のミアは、自分が大富豪オスカーの娘だと知り、イギリスに移ることになった。オスカーには三度の結婚で七人の娘がいる。愛人の子ミアは八人目だ。だが、子供のころから質素な田舎暮らしをしてきたせいで、ミアは華やかな人々に囲まれたきらびやかな世界になじめない。そこでオスカーの命令で、ある億万長者のアパートメントに引っ越し、生活面でのさまざまな教育を受けることになった。その男性ニコスに紹介されたミアは言葉を失った。目にまぎれもない軽蔑が浮かんでいるわ!ミアはニコスのアシスタントとして働きはじめるが、なぜか彼はいつもミアに厳しく、冷淡な態度をとりつづけ…。

大富豪 Oscar Balfour の隠し子Miaと貧しい生い立ちからのし上がり裕福な実業家になったNicosのお話です。Kindle版がフリーだったので読んでみました。


Mia’s Scandal (Mills & Boon M&B)

Mia’s Scandal (Mills & Boon M&B)



続きを読む


タグ:England [R]
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
前の10件 | - Contemporary ブログトップ