So-net無料ブログ作成
語彙てきと~備忘録 ブログトップ
前の10件 | -

in the pink of fashion [語彙てきと~備忘録]

The ladies dressed in their most elegant walking gowns and gentlemen accompanying them dressed in the pink of fashion.

さらっと読んで、えぇ ピンクの服着てるの?! と勘違いしたのですが
19世紀の紳士達が林家ペーさんのようなファッションのわけありませんよね。(笑

in the pinkは、in the best of health or condition なので
最新流行の服を着た紳士たち と考えれば良さそうです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

upset the apple cart [語彙てきと~備忘録]

出てきたのは この文

She is not a girl who likes to upset the apple cart.
She likes everyone to be happy.

字面から、なんとなく意味が推測できます。
問題を起こす って言った感じでしょうか

こちらによると-> 

to cause trouble, especially by spoiling someone's plans
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

The Vanished Diamond [語彙てきと~備忘録]

The Vanished Diamond by Jules Verne

ヒロインが読んでいる小説のタイトル
ジュール・ベルヌの小説というのは判ります。
で、邦題は何?

調べた限りでは翻訳されていないようです。

--- ネット書店のあらすじを引用 ---
Victor Cyprien, a French engineer currently living in the "Diamond Fields" of Griqualand, South Africa desires to marry the beautiful daughter of Mr. Watkins, a man who holds claims to the land that are the "Diamond Fields." Watkins has other plans for his daughter which include her staying in South Africa and marrying one of the wealthier diamond miners. To put himself in a better position to win the hand of Alice, Victor buys a share and begins working his own claim. However, Alice convinces him to return to chemistry and pursue his theory that he can synthesize a diamond. The experiment appears to work as a 243 carat diamond is created and named "The Star of the South," which he gives to Alice. When the diamond is stolen, Cyprien and three other potential suitors for the hand of Alice, travel across South Africa in pursuit of the suspected culprit.

南アフリカのダイヤモンド鉱山が舞台のお話のようです。

英語版も絶版なのかな?

The Vanished Diamond

The Vanished Diamond

  • 作者: Jules Verne
  • 出版社/メーカー: Fredonia Books
  • 発売日: 2002/12/01
  • メディア: ペーパーバック



原書の電子書籍は200円でお釣りがくるけれど読めない(^^ゞ

L’Étoile du sud. (Annoté) (French Edition)

L’Étoile du sud. (Annoté) (French Edition)

  • 出版社/メーカー:
  • 発売日: 2013/09/27
  • メディア: Kindle版



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

Jack Tar [語彙てきと~備忘録]

19世紀、男装したヒロインが発したのが

"I look like Jack Tar!"

なんでしょ? 
画像検索で 一発でわかりました。

水夫または水兵

18世紀から使われている言い回しのようです。

Tar は、tarpaulin(タール塗り防水(帆)布)の短縮形で
口語で、水夫を意味します。

これに Jackという 日本でいうところの太郎のような名前を
付けて呼ぶようになったのかな?
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

stomach [語彙てきと~備忘録]

名詞なら 中学校で習うくらいの単語ですね~
でも、動詞もあるなんて今まで知らなかったです (^^ゞ

If you really can't stomach a proposal from him,
I'll stand by you with our parents.

この場合、動詞で「我慢する」という意味

他に、食べるとか、腹に収める という意味の場合もありますが
proposalは食べられませんものね。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

sword of Damocles [語彙てきと~備忘録]

これだけでは古代ギリシアの故事を知らないと意味がわかりません。

It's like the sword of Damocles hanging over my head.

この文で出てきたので、頭の上に剣が吊るされている
つまり、傍目にはそう見えないものの危機的な状況にある
だろうと判りました。

ダモクレスの剣の故事はヨーロッパ文化圏では皆知っていることなのかもしれないですね。

John F. Kennedy SpeechesAddress before the General Assembly of the United Nations, September 25, 1961

では、核をダモクレスの剣に例えてます。
~抜粋~
Today, every inhabitant of this planet must contemplate the day when this planet may no longer be habitable. Every man, woman and child lives under a nuclear sword of Damocles, hanging by the slenderest of threads, capable of being cut at any moment by accident or miscalculation or by madness. The weapons of war must be abolished before they abolish us.

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

Adam's ale [語彙てきと~備忘録]

字面を見ても意味がわかりませんが
文脈から「水」ということは推測できます。

"I'm sorry. There is only milk or water."
"Adam's ale will do me nicely."

辞書の説明
Origin of ADAM'S ALE

after the biblical Adam; from its being provided by nature and thus presumably being the only drink in the Garden of Eden
First Known Use: 1643

アダムとイブのアダムの飲み物という意味からきているのですね。
場の雰囲気を和ませたい といった感じの時に使うのかな?
きちんとした場面では使わないとは思います。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

a pair of colors [語彙てきと~備忘録]

辞書によると

1 chiefly British : the national flag and regimental flag carried by a regiment

2 the position or commission of an ensign in the British army until the discontinuance of this rank in 1871

次の文で出てきたので、2の意味ですね。
He bought a a pair of colors and joined the army.

ヒーローは少尉の階級で入隊して、現在はMajorと呼ばれているため
最終的な階級は少佐になったようです。

19世紀初頭のイギリスでは軍の階級は売買されるもののようです。
無能でもお金があれば士官になってしまうのか....怖いですね。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

accoucheur [語彙てきと~備忘録]

よく出てくるのはmidwifeでaccoucheurは、見た記憶がないです。

midwifeは現代では助産師ですが、19世紀のお話なので産婆と訳すべきかも
女性のみを指します。

accoucheurは辞書によって、a male midwife となっていたり
one that assists at a birth; especially : obstetrician だったり
男性の助産師って昔はなかったと思うので、産科医と考えてよさそうです。

出てきた本のなかではaccoucheurがmidwifeを小馬鹿にしているから
産科医なのかな思いました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

different as chalk and cheese [語彙てきと~備忘録]

チョークとチーズほどの違いとは

見た目は似通っているが、本質的にはまったく違うこと。

日本語では、「月とすっぽん」 が使われますね。
英語の方がより似ているものを持ってきているのように感じます。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
前の10件 | - 語彙てきと~備忘録 ブログトップ